仲の良い小栗旬 生田斗真「ウロボロス」で8年ぶり連ドラ共演

355d3989e3cbbb96c84bad2317c3a046プライベートでも仲のいい小栗旬さんと生田斗真さんが来年1月からTBSで放送される連続ドラマ『ウロボロス』で8年ぶりに共演することがわかりました。

ドラマについて2人の意気込みや「ウロボロス」のストーリーをまとめてきたので紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

小栗旬プロフィール

誕生日 1982年12月26日
星座 やぎ座
出身地 東京
性別 男
血液型 O型
身長 184cm
体重 62kg
趣味 音楽鑑賞 サーフィン ボクシング
特技 野球

生田斗真プロフィール

誕生日 1984年10月7日
星座 てんびん座
出身地 北海道
性別 男
血液型 A型

小栗旬 生田斗真 が8年ぶり連ドラ共演

生田斗真さんと小栗旬さんが来年1月からTBSで放送される連続ドラマ『ウロボロス』で共演することがわかりました。

00080286e07a0a87763d0b

連ドラでの2人の共演は2007年の『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』以来で、生田さんは「2015年、小栗旬とやってやります! この作品で爆発したい!」小栗さんは「現場で(生田を)みて、成長を驚きたい」とやる気満々。

『週刊コミックバンチ』『月刊コミック@バンチ』で連載中の『ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリ』(原作:神崎裕也)のドラマ化で、刑事とヤクザの幼馴染がタッグを組み、様々な悪に立ち向かうという今までになかった作品です。

BuieuwWCcAAeo4-

生田さんは原作の大ファンだそうで、

以下引用
「5年ほど前、原作がまだ2巻しか出ていなかった頃からのファンです。
表向きはさえない刑事なのに、なぜか検挙率はトップで、いざとなると誰も抑えが効かなくなるほど強く、その目はまるで殺し屋のよう…というイクオのキャラクターに引かれ、幼い頃に大切な人を亡くした2人が、
1人は警官に、1人はヤクザになって復讐を果たすために生きて行く…というストーリーに魅了されました。もし自分がイクオをやれるならば、竜哉はこの人しかいないと思っていた小栗旬さんとの共演もかない、興奮がとまりません。
2015年、小栗旬とやってやります! この作品で爆発したい!!」

と会見で言っており、11月に末にスタートする撮影に備えて格闘技練習に励むなど気合は十分のようです。

一方の小栗さんも意気込みは十分のようで、久しぶりの生田さんとの共演について

以下引用
「約8年前に共演して以来なので、とても楽しみです。 生田さんもいい仕事をされてきているので、現場でみて、成長を驚きたいです」

とやる気は生田さんに負けていないようです。

「ウロボロス」のストーリーは?

key

そんな早くも大ヒットドラマの予感がする「ウロボロス」のストーリーが気になる方も多いのではないでしょうか?

“ウロボロス”というのは自身の尾をかんで円となった蛇や龍を図案化した古代の象徴のことを指しており、「死と再生」「破壊と創造」を暗示するものだそうです。

生田さんが演じる主人公の龍崎イクオは普段は冴えない刑事ですが、実は人間離れした身体能力の持ち主。いったんスイッチが入ると持ち前の格闘能力で悪を倒していきます。

一方、小栗さんが演じる段野竜哉は、ヤクザでありながらイクオの幼馴染でもあるクールなキャラクター。

2人は児童養護施設・まほろばの家で育った孤児であり、小学生の頃、突然自分たちの面倒を見てもらっていた施設職員「結子先生」が殺されるという事件が起こります。

イクオと竜哉が証言するも、“金時計”をした警察関係者にその証言は握りつぶされ事件はもみ消されてしまいます。

事件から15年、刑事とヤクザという対極な存在としてのし上がってきた2人の目的は、警察の中から闇に葬られた事件の犯人を突き止める事です。

原作者の神崎裕也さんも、ドラマ化のキャスティングには大変満足しているそうで、ドラマ化がきっかけで作品を知ってもらうことをうれしく思い2人に演じてもらうことが光栄ですと語っているそうです。

来年1月スタートなのでまだまだ先ですが、今から生田さん小栗さんの熱演が待ち遠しいですね。

コメントを残す

このページの先頭へ