『MOZU』に喫煙シーン多いとクレームが!?西島秀俊 タバコの演技はかっこいい

WlXZX2ji3RMczhu_12571現在大ヒットしているドラマ『MOZU』に出演している西島秀俊さんですが、一部の視聴者からは「喫煙シーンが多すぎる」という批判的な意見があるそうです。

 

 

スポンサードリンク

プロフィール

誕生日 1971年3月29日
星座 おひつじ座
出身地 東京
性別 男
血液型 A型
身長 178cm

『MOZU』に喫煙シーン多いとクレームが!?

20140410142223

『MOZU』は逢坂剛のハードボイルド小説『百舌』シリーズをドラマ化したもので、実力派俳優・西島秀俊さん、『半沢直樹』の“大和田常務”役が好評だった香川照之さん、第37回日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を受賞した真木よう子さんが出演。

他にも豪華キャストが出演しており、作中の絵の作り方もまるで映画じゃないか?と思わせるほどすごいらしく、視聴者からも『期待以上だった』『今期ドラマの中で、間違えなく断トツ』という意見が相次いでいます。

「センスがいい」「音楽がかっこいい」などの肯定的な意見が目立つ中、一部の視聴者からは「喫煙シーンが多すぎる」という批判的な意見があるそうです。

719

作中では西島さんや香川さんをはじめ多くの出演者たちがタバコを吸うシーンが存在し、作品の緊迫したハードボイルドな世界観を作り出しています。

それが禁煙ブームもとい嫌煙ブームが高まっている現在の社会では受け入れがたいものになっているそうです。

Twitter上では

「喫煙シーンが多すぎ!」
「タバコのすぎ過ぎでスポンサーが降りないかが心配」

との声も上がっています。個人的には、作品どうこうではなく「タバコを吸っている」という部分を切り取って批判することに違和感を感じます。

タバコは物語のハードボイルドな世界観を作り出す重要なアイテムなので、それをなくしてしまうと『MOZU』の魅力も半減してしまいますよね。

『MOZU』より前、昨年7月に公開されたジブリ映画『風立ちぬ』でもタバコ描写に対してNPO法人日本禁煙学会が苦言を呈するなど、嫌煙が広まっています。

もしかしたら今後、ドラマ、映画、アニメなどにタバコを吸うシーンが見られなくなるかもしれませんね。

西島秀俊がタバコを吸う演技がかっこいい

nishijima1

作中で西島さんのタバコを吸う描写が渋くてかっこいいそうです。インタビューで西島さんは70年代・80年代の雰囲気を再現するため見せ方を細部までにこだわっていることを話しています。

「煙や雨は、画に映った時に照明とかがすごくキレイに映るものなので、キャラクターっていうのももちろんありますけど、1枚の画としての効果を皆で真剣に考えてやっていましたね」(cinemacafe.net より抜粋)

西島さんのタバコを吸う姿が見たい方はこちらへどうぞ!

⇒動画:MOZU西島秀俊タバコ画像|ハードボイルドでタバコの吸い方は神

これだけ真剣に演技について考えてらっしゃるのに、そのタバコを吸うシーンによって世の中から批判されるのは大変悲しいことですよね。

劇中では西島さんはところ構わずプカプカしていますが演技以外では吸わないそうです。西島さんは週3回のジム通いを怠らず体を絞ったりもしているので悪影響なタバコは健康のためにも吸っていません。

役者という仕事にストイックな西島さんらしくて素敵ですね。

⇒関連記事:西島秀俊 奥様方が『昼顔』の出演を熱望 消化器系にポリープ!?

コメントを残す

このページの先頭へ