CMで話題 浅田真央や北島康介愛用のマットレス「エアウィーヴ」がスゴイ!

浅田真央フィギュアスケートの浅田真央選手や水泳の北島康介選手が愛用している「エアウィーヴ」というマットレスが爆発的に売れているそうなので詳しく調べてきました。

 

 

スポンサードリンク

「エアウィーヴ」って?

k867091216

「エアウィーヴ」という快眠マットレスがひそかに話題になっています。

商品を取り扱っているのは製造・販売元であるエアウィーヴ社のホームページ百貨店や東急ハンズなど限られており、現在では注文から商品到着までは約4カ月待ちだそうです。

値段はシングルサイズで6万6150円と、マットとしては高価なようですがこれが爆発的に売れているそうです。

この製品が注目され始めた2009年度の売り上げは約1億円でしたが10年度は約4億円、11年度は約11億円、そして12年度見込みは当初の約25億円から約45億円に上方修正されたようで、まだまだ売れ行きは上がっていくように思われます。

エアウィーヴ社の前身の会社はつり糸や漁網の製造装置メーカーでしたが、2004年に事業転換。マットレス素材の元になったクッション材を開発し2007年に「エアウィーヴ」ブランドを立ち上げました。

 

「エアウィーヴ」の特徴は?

img_9f3c74160cfc1d48d97919ff3b0338d031100

エアウィーヴの最大の特徴は、なんといっても独自開発された高反発で弾力のある素材です。

マットレスの素材は従来のものとは異なり釣り糸を絡めたような、新素材の極細繊維状樹脂を3次元的に絡みあわせた立体的な構造です。

この立体的な構造が「腰への負担が軽減」「寝返りが楽に」などの効用を生み出しているそうで、通気性がよく水洗いも可能でお手入れも簡単です。

他にも「エアウィーヴ KIDS」(シングル:5万3550円)と呼ばれる子供向け製品もあり、大人用と比べて関節がやわらかく骨が弱い子供のために全体にやや硬めの構造となっています。

特に腰の反りすぎを抑えるため、腰を支える部分が頭や脚の部分より硬めに設計されてたり、中央に比べ両サイドの素材密度を高めより硬くすることで、寝返りが多い子供でもマットレスパッドから落ちにくくなっています。

 

「エアウィーヴ」浅田真央や北島康介も愛用!

エアウィーヴの評判は意外にもアスリート達によって広まっていきました。
きっかけは2007年、日本代表クラスの多くのアマチュア選手が利用する国立スポーツ科学センターに提供されたことです。

 

443245cab8c2aca67cb6260e58a08346 20140205_airweave1-thumb-600x510-74484

水泳の北島康介選手は2008年北京オリンピックから、浅田真央選手は2010年バンクーバー冬季オリンピック以来愛用しているそうで、

それ以外にも評判はアスリート内に口コミでどんどん広がっていき、ロンドンオリンピックでは多くの日本代表選手が使用したそうです。

浅田真央選手はエアウィーヴの効用について

「腰の痛みは眠っているときが一番辛いんです。柔らかいマットレスだとぐっと身体が沈むので、腰が曲がって痛みがでてくる。
逆に硬すぎても、腰に負担がかかるのでやっぱり痛くなるんです」

「腰が沈み過ぎないし、硬すぎることもない。ちょうどいい理想の柔らかさなので、これで眠るとすごく腰が軽くなるんです」

「睡眠が足りないと次の日の練習や試合に疲れを残すことになるので、いつも7、8時間は眠るようにしています。
日本にいるときと同じようにしっかりと眠るためには、エアウィーヴは欠かせません」

と絶賛しているそうで、「エアウィーヴ」はこれからもますます売れていきそうですね。

⇒動画:浅田真央さん、新CM発表

⇒関連記事:髪を切った浅田真央、アイスショーでアナと雪の女王を熱演!海外の反応は!?

コメントを残す

このページの先頭へ