三浦春馬がドラマ「僕のいた時間」で患った病気は?彼女は大阪でモデル?

三浦春馬さんがドラマ「僕のいた時間」で患った病気について調べてきたので紹介したいと思います。

また三浦さんの彼女についても調べてきたのでまとめてきた内容を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

プロフィール

誕生日 1990年4月5日
星座 おひつじ座
出身地 茨城
性別
血液型 AB型
身長 178cm
特技 サッカー サーフィン ギター

 

ドラマ「僕のいた時間」で患った病気は?

20140108dog00m200052001c_450

三浦春馬さんが演じる拓人が患った病気は難病の一つであるALS(筋萎縮性側索硬化症)というものです。

三浦春馬さんが演じる拓人と多部未華子さんが演じる恵は大学生で就職活動の最中に知り合い互いに惹かれあいます。

拓人は就職し社会人として新生活を始めるも手足に違和感を覚え病院で診察を受けてみたらALS(筋萎縮性側索硬化症)であることが分かりました。

ALS 筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう、英語:amyotrophic lateral sclerosis、略称:ALS)は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下をきたす神経変性疾患で、運動ニューロン病の一種。極めて進行が速く、半数ほどが発症後3年から5年で呼吸筋麻痺により死亡する(人工呼吸器の装着による延命は可能)。治癒のための有効な治療法は現在確立されていない。

酷くなると全身麻痺で何一つできなくという難病です。
拓人は恵との別れを決意し、恵に病気のことは伏せて別れを切り出します。

2人は破局し、恵は大学の先輩と付き合い始めることとなり結婚することも決まったようですが、ある日症状がひどくなり電動車椅子に乗った拓人と再開します。「拓人がいい」と恵は言い、難病を患った拓人と恵の新生活が始まります。

その後のストーリーはコチラで詳しく紹介しています。

フジテレビ「僕のいた時間」が開いた難病ドラマの新境地 ALS患者の切実でリアルな問題を描き切る

三浦春馬さんの独占インタビュー動画です。

⇒動画:【独占公開】三浦春馬インタビュー  ドラマ「僕のいた時間」

 

彼女は大阪でモデル?

haru

三浦さんの彼女が大阪にいるとの情報を入手したので詳しく調べてみると、なんと彼女は大阪のキャバ嬢だというから驚きです。

なんでも芸能リポーターの井上公造さんは「大阪ミナミのキャバ嬢にすっかりハマって通い婚状態」と暴露し波紋が広がっています。

三浦さんは草食系のイメージとは真逆で、女性に関してはかなりの肉食系で積極的だという噂です。

同じ事務所でプライベートでも親友の佐藤健さんが言うには最近はよく喋り、特に女の子の話をよくするようです。

三浦さんの女性のタイプは黒髪で清楚で和風な女性だとテレビでは言っていましたが実際付き合っているのは派手なキャバ嬢なんですね。

他にも三浦さんはモデルの岸本セイラさんとの熱愛報道もあったようでおしゃれなカフェでデートをしているところを撮られたそうです。

三浦さんがカレーライスをおいしそうに食べているところを岸本さんが幸せそうに見ていたとのことでした。

⇒関連記事:三浦春馬と多部未華子の身長がミスマッチ!?中国語はなぜペラペラ?動画有り

⇒関連記事:三浦春馬はNHK『あぐり』で子役!動画は?新垣結衣と熱愛破局!デーブが同棲暴露!

 

コメントを残す

このページの先頭へ