能年玲奈のCM出演が少ない 来年芸能界引退説まで…その理由とは?

tumblr_n7g0haOL4e1twq5plo1_1280

『あまちゃん』でお馴染みの能年玲奈さんですが最近めっきりメディアでの露出が減っていき引退説まで流れています。特に最近ではCM出演が少ないとネットでは言われていますが能年さんに何があったのでしょうか?

今回そうなった原因について気になったので調べてきました。

スポンサードリンク

プロフィール

誕生日 1993年7月13日
星座 かに座
出身地 兵庫
性別 女
血液型 A型
身長 162cm

 

能年玲奈のCM出演が少ないのは事務所の方針のせい!

pr20140130

最近能年玲奈さんの出演するCMが少ないとネットでは言われています。

確かに思い返してみれば最近能年さんが出演しているCMと言えば能年さんの「人生は夢だらけ」のフレーズでお馴染み『かんぽ生命保険』と少し前では『ENEOS』くらいです。

 

maxresdefault

ドラゴンクエストモンスターズのスマホ版のCMにも出ていましたよね。スライムの被り物をした能年さんが衝撃的でしたね。

普通のタレントさんならなんら問題はないのですが能年玲奈さんと言えば2年前『あまちゃん』で大ブレイクを果たしました。

本来ならもっとバンバンCMに出ていてもおかしくないくらいなのですが同じくあまちゃんでブレイクした有村架純さん福士蒼汰さんに比べて極端にCM出演数が少ないのです。

実は能年玲奈さんがブレイクした2013年もCM契約数はたった2本と極端に少なくこれは事務所の戦略だと言われています。

CMに多く出れば顔を覚えてもらい更なる仕事増加につながるというのは当然です。事実ドラマで主演をつとめている女優さん俳優さんはバンバンCMに出ています。

 

4800

ただ能年玲奈さんに限っての事ですが能年さんの所属事務所『レプロ』の方針は特殊です。

ご存じのとおり能年さんは『あまちゃん』で2013年に大ブレイク。主演ということで知名度が跳ね上がりました。

ですがここでCMにバンバン出れば視聴者に飽きられるのも早いのではないか?と事務所は考えたわけです。

例を出すと「ラッスンゴレライ」の『8.6秒バズーカー』や「あったかいんだからぁ」の『クマムシ』は今年大ブレイクしテレビで見ない日はないくらいバンバン出ていたわけですが、最近ほとんど見かけませんよね。視聴者がもう飽きているのでテレビで使ってもらえないんです。

要するに一気に露出するというのはそれだけ飽きられるのも早いという事です。

能年さんの事務所はこれを恐れているのでCMのオファーはあるもののあえて断り、出演CMをコントロールしているという訳です。

ただその戦略が結果に結びついていないようですね…。CM出演が少なくてもドラマや映画に出演できていたら問題なしなんですが今年の能年さんの出演作品って…アレっなんだっけ?って感じですよね。

 

tgjg6JL7OJfIbDz_15275

『あまちゃん』と同年にブレイクした『半沢直樹』でブレイクした堺雅人さんも能年さんと同じくCM出演を極端に抑えていたそうです。

ですが堺さんはNHK『真田丸』の出演が内定するなど安定して仕事を確保しています。能年さんと堺さん同じ2013年ブレイク組なのに見事に明暗が分かれてしまいましたね。

 

引退説について!現事務所とは決別!?

978983edddf0d65a05e4839f9758b548

能年玲奈さんの引退説が流れているようですが、これは能年さんが所属する事務所との関係が上手く言ってなかったことがキッカケです。

なんでも能年さんは所属事務所からひどい仕打ちに遭っていたそうで『あまちゃん』でブレイクした時でさえ給料5万円というひどい搾取を受けていました。

さらに『あまちゃん』の撮影終了した時にマネージャーに言われた言葉が

「お前に仕事が入れない」

というものでした。先ほどお伝えした通り事務所の戦略であえて仕事を入れないという事ですが、能年玲奈さんはもっともっと仕事をしていきたいと思っていたので不満だったのでしょう。

さらに事務所の社長が日ごろから

「お前は負け犬」

と言われていたそうです。これってもうイジメですね。能年さんが可哀想です。

以上の事から能年さんは現在の所属事務所と完全に決別する事を決意しました。

そして能年さんは芸能界での今後の仕事を確保するために新事務所『三毛&カリントウ』を設立します。なんちゅうネーミングセンスでしょう(笑)

今後はこの新事務所をひっさげ新たに女優業を開始すると予想されますが果たして新参の事務所が芸能界を上手くわたっていけるのか心配ですね。

これはあくまで噂の粋なのですが能年さんの黒い噂のせいで「来年には芸能界から放り出される」という事も言われています。

新事務所ができたからと言ってもどうなるか分からないのでこれは本当に『引退』の道をたどるのかもしれませんね。

 

コメントを残す

このページの先頭へ